和歌山県の某ホームセンターにて空気環境測定を行いました。

和歌山県を中心に清掃業務を行っております、Ground Earthです。

 

今回は、某ホームセンターにて、空気環境測定を行いました。

 

◆空気環境測定とは?

空気環境測定とは、不特定多数の人が利用する施設でオーナーに義務付けられているものです。多くの建物は、ビル衛生管理法(建築物における衛生的環境の確保に関する法律)により空気中の成分を測定することが求められています。

これは、ビルのオーナーの義務であり、建物の利用者やテナントに、その義務はありません。そして空気環境測定を怠ったり、測定の結果の基準を満たしていない場合、行政措置や罰則(使用制限、使用停止など)の対象になります。

 

◆空気環境測定の対象

空気環境測定が義務付けられるのは、特定建築物とされる施設です。特定建築物となる条件は、「延べ面積」と「用途」で定められています。

延べ面積は、3,000㎡以上(学校教育法第1条に規定する学校については8,000㎡以上)。

用途は、興行場、百貨店、事務所、遊技場、店舗、図書館、学校教育法第1条に規定する学校以外の学校、ホテルや旅館、博物館、美術館、集会場、研修施設などです。

皆さまの中にも、特定建築物を所有している方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。


一覧ページに戻る